charmmy TOPライフスタイル【あの日のまんが3】イケてる子を演じてみたことはありますか?

【あの日のまんが3】イケてる子を演じてみたことはありますか?

作成 : 2020.09.16 12:00
1
あまりに子どもだったわたし、否が応でも大人になったわたし、理想とはほど遠い恋をしたわたし。誰しも身に覚えのある切ないワンシーンをあたたかく切り取り、悲しくないのに、なんだか泣ける……。漫画家・枇杷かな子さんが描く「あの日のまんが」第3回です。
可愛い子は絶対で、声の大きい子は強くて、彼氏のいる子は偉い。学生時代、小さな教室を支配していた価値観はわかりやすかったですね。限定的な空間でもてはやされる「なにか」になるために、大なり小なり自分を誤魔化したことのある人も、きっと少なくないはず。

当時どうしてもなりたかった「なにか」になりきれなくて、下手な見栄を張っていたことを、ベッドで身悶えながら思い出すあなた。だったら強くなくても偉くなくても、あなたのことを友達だと言って、一緒に笑ったあの子のことも、たまには思い出してみませんか?黒歴史として遠ざけてきた記憶からも、大切なものを見つけられるかも。次回も「あの日のまんが」をお楽しみに。

枇杷かな子
漫画家
ほっこりしたエッセイ漫画をお届けします! Instagram (ID→kanako biwa)、Twitter(@BiwaAmazake)にてエッセイ、不思議な癒し漫画「おたまと一緒に」を発表しております!