charmmy TOP占い【12星座ランキング】炎上しやすい男性の星は?

【12星座ランキング】炎上しやすい男性の星は?

ホロスコープから、生まれ持つ性格を読み解きましょう。12星座占いでみる「炎上しやすい男性の星」をランキング形式でご紹介します。あなたや、あなたの身近な人は何位でしょうか?

第12位:みずがめ座

みずがめ座の人は、インターネットの扱いが非常に得意です。そのため、インターネット上で誤った発言をして炎上…ということは殆どないでしょう。みずがめ座は、いわゆる「古のオタク」や「古のネット民」と言われる人も多い星座。古くからインターネットを活用する中で、言ってはいけないことを理解しているのですね。

第11位:ふたご座

ふたご座の人は、コミュニケーション能力に長けています。何を言ったら人を喜ばせることができるかを知っているので、ユニークさに人気が集まりそう。もちろん、何を言えば人を怒らせるかも分かっているので、発言が問題になることはありません。さらにインターネットの扱いにも慣れているので、安定した人気を誇ることができるはず。

第10位:おうし座

おうし座の人は、どちらかというと発信者側に立つことは少ないでしょう。そのため、そもそも炎上するリスクを背負うことがありません。もし発信者になったとしても、日常的な「ほっこり」エピソードを発信する形となりそう。危ない橋を渡ることを避けたがる性質を持っていることもあって、問題発言はしないでしょう。

第9位:やぎ座

やぎ座の人は、リスクマネジメント能力に長けています。目標を定めたら何がなんでもやり遂げ、徹底的に計画を立てて物事を進めます。ミスは絶対に許せないので、発信者としてリスクマネジメントも徹底するでしょう。徹底したリスクマネジメントと完璧主義な性格のお陰で、ちょっとやそっとじゃ炎上しないはず。

第8位:おとめ座

おとめ座の人は、的確な文章を書くことが非常に得意です。文章能力が高いので、誤解されるような文章を書くことがありません。インターネット上で炎上するときは、読み手が誤解するような文章も一つの要因です。その点でおとめ座の人は、炎上のリスクが少ないのです。

第7位:かに座

かに座の人は、心優しい性格で女性から人気になるでしょう。感性豊かで、女性に向けた発信が広く受け入れられるはず。ただし、もともと周囲の影響で心が揺れやすく、傷付きやすいところがあります。自らが炎上することはなくても、周囲の炎上に傷付いて発信する意欲を失ってしまうことも。

第6位:うお座

うお座の人は、人の心を傷つけないように配慮できる人物です。他のどの星座よりも感受性豊かで、人一倍傷付きやすいハートを持ちます。自分だけでなく、他者を傷つけることにも苦手意識を持つので、発言には気を使うでしょう。ただし、気分屋なところがあるので、そのときの気分に任せた発言が物議を醸すことはありそう。

第5位:さそり座

さそり座の人は、自分独自の意見を持っているタイプです。実生活では自己主張をあまりしない人物ではありますが、意外にもネット弁慶な一面も。ネットでは意見をバンバン主張するので、たくさんの人から注目されやすいでしょう。ただし、独自の考え方を重要視するので、反対意見を持った人から炎上させられてしまうかも!?

第4位:てんびん座

てんびん座の人は、自分の実生活を演出し過ぎてしまうところがあります。いつも「周囲の人から憧れられるような存在になりたい」という願望を持っています。特にSNSやブログでは、自分の生活をリッチに盛り過ぎてしまうところがあるでしょう。実際はそこまでリッチな生活を送っているわけではないとバレたとき、大炎上してしまうかも…。

第3位:いて座

いて座の人は、インターネット上でも破天荒な態度は変わりません。自由奔放でピュアなので、周囲の人を驚かせたり、振り回したりすることが多い人物。インターネット上でもそんな傍若無人とも言える性質は変わらず、どんどん自由に発言するでしょう。自由な感性に反感を持った人から炎上させられることがないよう、注意したほうが良さそうです。

第2位:おひつじ座

おひつじ座の人は、角が立つことを恐れない勇敢な性格を持っています。ただし、インターネット上は果たして誰が読んでいるか分からないというリスクの高い場所です。ストレートな意見に反感を持った人が、揚げ足をとるようなこともあるでしょう。自分の意見を真っ直ぐ発言することが長所でもありますから、アンチは気にしないことが大切です。

第1位:しし座

しし座の人は、嫉妬されることで炎上してしまうかも知れません。人の注目を独占してしまうほどの魅力を持ち、嫉妬の的になりやすいタイプ。インターネット上でも、しし座を妬んだ不特定多数の人物から攻撃され、炎上する可能性があります。ですが、注目されればされるほど輝くタイプですから、批判を糧にすると良いでしょう。

監修:吉田青央(心理占星術師 / 心理研究家)

関連記事:ほかの占いも試してみる!

吉田青央
心理占星術師/心理硏究家
8歳から心理学を学び始め、10歳で占星術、12歳でタロットを習得。 23歳でプロの占い師となり、現在はSNSやLINEトーク占いで心理占星術、医療占星術、臨床心理学を用いた「心を癒す」鑑定、執筆を行っている。