charmmy TOP美容/ファッションコンプレックスは“美の促進剤”!!顔をひと回り小さく見せる「小顔メイクの方法」

コンプレックスは“美の促進剤”!!顔をひと回り小さく見せる「小顔メイクの方法」

こんにちは、美容ライターの熊谷真理です。キュッと引き締まった小顔は女性の憧れですよね♡ 小顔になれれば、遠近法を使わなくても写真が撮れるのに(苦笑)でも、大丈夫! ほんの少しのメイクテクで今すぐ小顔が手に入るんです! 今回はもっとも効果的な“Wファンデーション”を使った方法をご紹介します♡

小顔に魅せるには
光と影を味方につけて!

みなさんは顔を正面から見たとき、どこに光が集まり、どこに影ができているか把握していますか? 

小顔効果を最大限発揮させるには、光と影を味方につけることがとても大切なのです。 
 
光が集まる部分・・・額・鼻筋・頬・顎先 
影ができる部分・・・顔の両サイド・頬骨の下・鼻のサイド・鼻の下・唇の下 
 
これらを分析すると、高さのあるパーツの下には必ず影ができるということと、顔の中央部分に光が集まり、顔のサイド・下半分は影の割合が多いということが分かるかと思います。 
 

光と影を上手く表現するには
ファンデーションを2本使うべし!


光の部分には明るめのファンデーション・影の部分には暗めのファンデーションを使い分けることで、光と影を上手くコントロールすることができます。 

早速、方法をご紹介します。 

❶フェイスラインに暗めのファンデーションをのせる
額の髪の生え際から顎まで、フェイスライン全体に影を入れることで、顔をひと回り小さく見せることができます。

❷額・頬に明るめのファンデを置く
光が集まる顔の中央部分にのみ明るめのファンデーションを置き、顔に高さを出し、ハリと立体感をプラスします。 

顔の下半分は影の割合が多いため、あえてファンデーションは足さず、パフに残ったファンデを塗ればOK。 

❸顔の内側から外側に向かって、ファンデを馴染ませる
顔の内側に明るい光を足すことで顔が小さく見えるため、ファンデーションは内側から外側に向かって馴染ませていきます。 

明るめのファンデを塗り終えたら、次は暗めカラーのファンデも同様に外側に向かってぼかし、明るめのファンデとの境目が目立たないよう、しっかりと馴染ませてください。 

❹口をすぼませて凹む部分にシェードカラーのチークをのせる
小顔に見せるという目的なら、チークは暖色でなく、茶色の要素があるくすみカラーを選びましょう。口をすぼませて凹む部分にシェードカラーが入ると、頬がほっそりシャープに見える効果があります。


お悩み部分はコンシーラーを使い、
ファンデの厚塗りは避けて!


ファンデの量を抑えても、シミやソバカス部分にファンデを塗り重ねてしまうと厚塗り感が出てやぼったい雰囲気に…。スポット的なお悩みは、コンシーラーを使用し、薄い層を意識してメイクしてみてくださいね♡

さぁ、明日から憧れの小顔に変身です!
熊谷真理
美容ライター・美容系インスタグラマー
NY近郊在住コスメコンシェルジュ。3歳女の子ママ。NY州認定エステティシャン資格取得。Christine Valmyメイクアップアーティスト課程修了。Instagram(@mari_loves_beauty)のフォロワーは5万人を超え、取り入れやすいメイクテクニックが人気。