charmmy TOPココロ/カラダ原田ちあきの人生劇場「なんでも否定から入る母親に悩んでいます」

原田ちあきの人生劇場「なんでも否定から入る母親に悩んでいます」

更新 : 2021.02.16 08:00 / 作成 : 2021.02.16 08:00
5
イラストレーター・漫画家の原田ちあきが皆さんの相談に答えたり一緒に悩んだりするコラムです。
▼今回のお悩みはこちら▼

親に否定されるつらさは特別

親に否定されるって本当につらい気持ちになるよね。

誰かに相談したとしても、当たり前だけど相談相手の親と自分の親は違うから、うまく状況や心境が伝わらなかったりする。

友達とその親の関係を、自分と親との関係と比べてしまって「どうしてウチはうまくいかないんだろう」って悩んでしまったり、どんなに酷い気分にさせられてしまっても「やっぱり親は親だし」「大切にしないと」なんて気持ちに囚われてしまって、解決方法が見つからなくて身動きが取れなくなっちゃう。

私の親も私の着ている服や、やりたいこと、お金の使い方をよく否定する人だったから、すごく気持ちがわかるよ。

親に負の感情を持つことは罪ではない。親は他人

まず、今回の件に関して結論を言うと、あなたは悪くないよ。安心してね。

誰だって自分の発言を真っ向から全部否定されたら、自己肯定感なんて無くなっちゃう。

あなたは優しいから、もしかするとお母さんに負の感情を持つことが怖いんじゃないかなあ。その気持ちと、今のお母さんとの関係の落差がつらい気持ちを増幅させてしまっている気がする。

冷たい言葉になっちゃうけど、まずは自分の親が「他人」だって事を理解することが大切。

いくら血が繋がっていても、お母さんって「お母さん」という種類の生き物なわけじゃないんだよね。
お母さんってカテゴリの中にいる普通の人間なの。

だから優しいお母さんもいるし、意地悪だったり暴力的なお母さんもいる。
それは「お母さんだから」じゃなくて「そういう人だから」なんだよね。
あなたにとって、あなたのお母さんは「子供の言うことを否定してしまう人」。

まずは「そういう人」だと理解して接していくことが、ストレスをためない日々への第一歩なんじゃないかな。

リスペクトがなければ関係は壊れる

あなたは「これが友達だったら距離を置けるけど、母親となるとそうもいかない」と書いていたけど、所詮は親子っていう枠組みの中にいる他人同士。

もっとシンプルに考えると「人間」対「人間」なんだよね。

だからいくら家系図でガッツリ繋がっていたって、リスペクトがなかったら関係は壊れちゃう。
私は親子って、世間が思っているものよりも神秘的でもなければ高尚な関係でもないと思うの。

理解できるようにお互いに努力することはできるけど、100%理解し合うことはできない。血が繋がってても心が読めたり、通じ合えたりなんていう神がかったパワーが宿るわけじゃないからね。

人間と人間なんだから、合う合わないはあって当然。
それは変な事でも恥ずかしい事でもなんでもないんだよ。

たとえそれが原因で家族の事を嫌いになったって罪ではないし、もしあなたが大人で金銭的に余裕があるなら、物理的な距離を取ったって誰もあなたを責めたりしない。

一番大切なのは、あなたがあなたの気持ちを理解して、一番気持ちよく生きられる場所に自分の身を置いてあげることよ。

お母さんはなぜあなたを否定してしまうのか

少し掘り下げて、なぜあなたのお母さんがあなたを否定するのかを考えてみたよ。

あなたのお母さんはあなたが大人になって離れていくことが怖いんじゃないかな。簡単な言葉でいうと「子離れができていない」。

あなたがお母さんのお腹の中にいた頃、お母さんはあなたと一つだった(と思っていた)。
それがあなたが成長するにつれて、別の生き物になっていって、自分と全く違う考えを持つようになった。

つまり上に書いていた「親子は他人である」ことを認めたくないんだよね。

ついこの間まで、自分なしでは生きられなかった、自分の一部が成長して自我を持ち始めた。すると、今まで自分の思い通りにできていた、お母さんの思い描く親子関係とズレが生じてくる。

だから自分の理想通りの子供になるよう、あなたの考えを否定してコントロールしようとしているんじゃないかな。

もしかすると、あなたがお母さんに一番の理解者であってほしいのと同じで、お母さんもあなたに一番の理解者でいてほしいのかもしれないね。

お母さんの言動に疑問を持てている時点で、あなたはお母さんよりちょっぴり大人になっちゃったのかも。

苦しいことや戸惑うことがたくさんあると思うけど、親と自分は別々の生き物だっていう事をしっかり理解して、親も「完ぺきではないただの一人の人間だ」という事を忘れなければ、いつか「しょうがない人だなあ」と思える日が来るかもしれないね。

ゆっくりでも来るといいなあ。

あなたの明日が今日よりいい日になりますように。
明日も可愛いあなたでいてね。

関連記事:その他のお悩みコラムもチェック!

原田ちあき
イラストレーター・漫画家
大阪在住のイラストレーター・漫画家。よいこのための悪口メーカー。書籍「手から毒がでるねこのはなし」「誰にも見つからずに泣いてるきみは優しい」等/連載「やはり猫にはかなわない」