charmmy TOP恋愛/結婚美人でも無理…。トラウマレベルの粘着女【男の実録】

美人でも無理…。トラウマレベルの粘着女【男の実録】

作成 : 2020.03.25 18:00
121
こんちには。神崎メリです。本日は男性陣から聞いた「本命除外! トラウマレベルの粘着女」について。男性って恋愛話をあまりしないから、ヤバイ女の情報って私たち女性の方まで出回ってこないですよね。意外と私たちが知らないだけで男性も恐ろしい経験しているようです……。

バイトとして働き出した女

イケメンカフェ店員の良太郎(仮)に一目惚れした、A子。すぐにバイトとしてそのお店で働き出すことに。

最初は真面目に働いていたけれど、良太郎目的の女性客が多いと知るとライバル心を剥き出しに!

「すみませ〜ん」と呼ばれても露骨にシカトしたり、睨みを効かせたり、女性客の前で良太郎に馴れ馴れしくしたりと行動がエスカレート!

恐ろしいのが、本人ヤバイ自覚が一切なく「良ちゃんに悪い虫がくっつかないように見張ってるの」「良ちゃん天然だから騙されやすいでしょ?」と公言する始末。

女性客からのクレームが相次ぎクビになるも、カフェの近場でウロウロして良太郎と接触しようとするも良太郎はチャリ爆走して巻き続けた……。

「周りを巻き込むメイワク女は、どんなに美人でもムリッ!」

弄ばれたとウソをばらまく女

合コンで知り合った営業マンの浩介(仮)といい感じだったB子。

まだ付き合う前にも関わらず

「こ〜君、今日は何してるの?もしかして誰かとデート?(笑)」「今週末は忙しいんだぁ〜 寂しい〜」「今度家に行ってもいい? ご飯作るよ〜♡」
とおも〜いLINEをしてしまう。

「これは付き合ったら束縛してくるパターンだ…」と直感した浩介は疎遠作戦決行。

すると共通の友人から「浩介、なにやらかしたの? B子のインスタ見た?」とLINEが。

見てみると、2人で居酒屋で撮った写真や、酔って一瞬ウトウトしたときであろう浩介の寝顔のアップの写真をUPして「女の心や体をもてあそぶ人、ヒドイ」と発信!

友人「あのさ、私の友達ヤリ逃げとかやめてくんない?」

浩介「待って、俺やってね〜よ!!(汗)」

共通の友人の間で、女性にここまでさせるなんて、よほどのことをやらかしたんだろうと噂が広まってしまった……。

「重い女はホント行動もヤバイからトラウマ…」

SNS全レスしてくる女

異業種交流会で知り合って、インスタで繋がったC子。

休日彼女や友人と食べ歩きをしてインスタにUPするのが趣味の健一の投稿に、全レスしてくるように…。

健一「今日の一品! 神田の◯◯にて。ごちそうさまでした。」
C子「美味しそうですね〜♡ ぜひ今度ご一緒したいです♡」
健一「ぜひぜひ^^」←社交辞令

健一「今日は珍しく吉祥寺まで遠征! ごちそうさまでした。」
C子「わぁ〜♡ 吉祥寺大好きなんです! 今度は声掛けてくださいね〜」
健一「はい、ぜひ^^」←社交辞令

はじめは気にしていなかったけれど、彼女に「つかさ、この子誰なワケ?」とつめられ、そう言えば俺の投稿に何かと必ず、「今度は誘ってね」という意味合いの言葉をレスしてくると気がついた。 

しかも、絶対に一番乗りで…。

「正直、飯系しか載せないからSNSで繋がることに油断してたけど、粘着されるとキモいね、彼女とかも見てるしカンベンして欲しい!」

粘着されて嫌なのは男性だって一緒!

好きな気持ちがほとばしりすぎて、同じ場所で働いたり(好きで転職したのバレちゃダメ)、付き合う前から束縛じみたことをしたり、どうにか繋がりが欲しくてSNSでしつこくしてみたり…。 

こういう行動は、追われるのが生理的にムリな男性からしたら、ホラーでしかないんですよね。

「どんどん行動して押しまくらなきゃ!」「駆け引きとかできないし…」と直球さんや不器用さんは、こういった暴走をしてしまいがち。

男性をビビらせてしまったら、恋に発展するどころかトラウマになりかねないので、女たるもの好きな気持ちをうま〜く心に秘めてふるまいましょう!

関連記事:こんな女は嫌われる?NG女5選

神崎メリ
恋愛コラムニスト
メス力(めすりょく)の人です。恋愛戦闘力アップに役立つ、男心と恋のハナシをInstagramとLINE公式ブログにて発信しています♡ LINE公式ブログ、トップブロガー。Instagram開設半年でフォロワー6万人越え。