charmmy TOP夫婦/家族野菜を見るのも拒否!子どもの野菜嫌いにお手上げ【育児マンガ】

野菜を見るのも拒否!子どもの野菜嫌いにお手上げ【育児マンガ】

わかめです。今回のテーマは「子どもの野菜嫌い」について。野菜をかたくなに受け付けない娘に、果たして野菜を食べさせることができるのか!? それでは、はじまりはじまり~

子どもの野菜嫌いにお手上げの母

親を悩ませる「子どもの野菜嫌い」。
毎日献立を考えて一生懸命作っても、「食べたくない!」と言われてしまっては、とても悲しい気持ちになりますよね。

離乳食が始まった当時の娘は、好き嫌いせずなんでも食べてくれてたので、「毎日こんなにたくさんの栄養を摂っているんだし、きっと風邪知らずの丈夫な子どもに育つかも!」と高を括っていました。

しかし、今となってはどうやって野菜を食べさせようか頭を悩ます毎日…。

もしかしたら食わず嫌いかもしれないと思い、おもちゃをチラつかせながら「ひとくち食べたら遊んでいいよ!」と、味見をさせてみたりもしますが、すぐに「ぺっ!」と出してしまいます。

だからと言って無理やり食べさせようとすれば、我が家で飼っているイヌにこっそり食べさせようとする始末…。
もしその食材にタマネギやキノコが入っていたら、イヌにとっては一大事です。

このように、娘の食事には毎回お手上げ状態なのでした。

野菜嫌いは、立派な成長のあかし

娘の野菜嫌いについて栄養士さんとお話しできる機会があり、藁にもすがる思いで相談してみたところ

「野菜嫌いは立派な成長のあかし。本能的な感覚で野菜を受け付けないのだから、単なるワガママと思わないで、毎日の食事を通して少しずつ慣れさせてあげてね」

とおっしゃっていました。
悩んでいるのは自分だけじゃないと知って少し安心しましたが

「慣れさせようと毎日食卓に出しても、ひとくちも食べない場合はどうしたらいいでしょう? 栄養が偏って、病気にならないか心配です」

と再度伺ってみたところ

「しっかりうんちが出ていて、例えば白米や味噌汁、魚、納豆など、他の食材を食べているならそこまで栄養を心配しなくて大丈夫。
自分から食べてみようと思ってくれる日まで気長に待ちましょう」

と、スッパリ!

幸い、娘はサバと納豆だけをひたすら食べています。
「野菜を食べなくても、あまり心配しすぎなくて大丈夫」というひと言に、心配性の私はとても安心したのでした。

野菜は嫌いだけど野菜ジュースは大好き!

食事を通して野菜に慣れさせることに断念した我が家では、ジューサーを使って毎日フレッシュな野菜ジュースを飲ませることにしました。

娘のお気に入りのレシピは

・リンゴ   2個
・ニンジン  1本
・パプリカ  1個
・セロリ   1/2本
・キュウリ  1本

・リンゴ   1個
・ニンジン  1本
・小松菜   2株
・キャベツ  2枚

だいたいリンゴ&ニンジンが入っていればOKだそう。

たまに葉物を入れすぎて、苦味が強くなってしまうことがありますが、
そんな時は、さらにバナナ&ヨーグルト(お好みで、ブルーベリーやハチミツも)などを加えてミキサーにかけ、スムージーにしています。

バナナやヨーグルトは味が濃く野菜の苦味を消してくれるので、レシピに失敗した時はいつも助けられています。

また、ジューサーで絞った後に出てくるカスにも注目です。
この搾りカスには繊維質がたくさん含まれているので、カレーに入れて煮込んだり、ホットケーキミックスと混ぜて焼いてみたり、我が家では余すことなく使っています。
ジューサーを通して細かくなった野菜であれば、娘も気付かずもりもり食べてくれました。

相変わらず食卓に出す野菜には手を付けてくれない娘。
しかし、毎日夢中で飲んでるジュースが実は野菜で出来ていたと理解した時、一体彼女はどんな顔をするのか楽しみです…(笑)。

関連記事:その他の育児マンガもチェック!

わかめ
フリーライター/占い師/ストリートミュージシャン
主に子育て関係の記事を書いています。アコーディオンとジプシーギターのユニット「わかめとミュゼット」でも活動中!人前に出るとすぐにお腹が痛くなります。Twitter:@wa1can2e74