charmmy TOP美容/ファッション【DIORクリスマスコフレ2021】絶対買い!スウォッチ&アイメイク2パターン

【DIORクリスマスコフレ2021】絶対買い!スウォッチ&アイメイク2パターン

こんにちは、トータルビューティーアドバイザーの熊谷真理です。今回は2021年12月3日発売のDIOR BACKSTAGE 005 PLUM NEAUTRALSのご紹介です♡アイシャドウのスウォッチと使い方をレビューしていくので、購入を検討している人はぜひチェックしてみてくださいね♡
バックステージシリーズはスタイリッシュでトレンド感のあるデザイン×配色が大人気♪
【DIOR】はデパコスの中でもフェミニンで上品なアイテムが展開され、新作が発売されるたび注目を集めるブランドの1つ。そんな【DIOR】のバックステージシリーズはサンククルールと比べて価格帯がお安い点も人気のポイント(ちなみに、サンク クルール クチュールは8,360円、バック ステージ アイ パレットは6,050円です。)。

ヨーロッパでは一足お先に【DIOR】のホリデー2021年シリーズが販売されたので、ずっと狙っていたバック ステージ アイ パレットの005を購入してまいりました♡
こちらは、プライマー(アイシャドウ下地)1色・メタル1色・シマー7色の計9色で構成されたパレット。PLUM NEAUTRALSという色番の通り、下段のプラムやローズカラーがとっても魅力的ですよね!

一見ブルべさん向けのアイシャドウに見えますが、腕に出すと意外と黄みのあるカラーも入っており、肌色問わず楽しめるパレットになっているんです。
発色は思いのほか柔らかめなので、普段使いにもピッタリです。個人的には真ん中にセットされたメタル質感のローズが可愛くてお気に入り。

黒目下にのせると涙袋の立体感が演出でき、メタリックな煌きにより一瞬で潤んだような色っぽい目元が作れちゃうんです。
メイクパターン①青みカラー×丸目メイク
まず1つ目は、プラム系の青みカラーをメインで使った、丸目メイクから。
目の丸みを強調するようにアイシャドウを縦に広げていくと、ころんと丸みのある甘い仕上がりに。

リップとチークも青みカラーを合わせると全体的に一体感が生まれ、女性らしい印象になります。

メイクパターン②黄みカラー×切れ長メイク
お次はブロンズやコッパーなど黄み系のカラーをメインにした切れ長メイクです。目の横幅を広げるイメージで目頭から目尻にかけて濃淡をつけていきます。

合わせて、アイラインも少し長めに引くとカッコイイ系の印象が作れるのでやってみてください♪

リップとチークはオレンジや朱色など、黄みのあるカラーを選ぶと好相性です。

より詳しく知りたい方は、メイク手順やスウォッチ動画はYouTubeに載せているので、良かったらご覧くださいませ♪ 
2021年12月3日発売の【DIOR】ホリデーアイテム、ぜひお見逃しのないようチェックしてみてくださいね♡ バック ステージ アイ パレット【限定2種】アディクト リップ マキシマイザー(026のみ11月5日販売)【限定2色】アディクト リップ グロウ【限定2色】が発売予定となっています。

関連記事:熊谷真理さんのメイク&コスメ記事を読む

熊谷真理
美容ライター・美容系インスタグラマー
NY近郊在住コスメコンシェルジュ。3歳女の子ママ。NY州認定エステティシャン資格取得。Christine Valmyメイクアップアーティスト課程修了。Instagram(@mari_loves_beauty)のフォロワーは5万人を超え、取り入れやすいメイクテクニックが人気。Mari Kumagai - YouTubeも 配信中。