charmmy TOP美容/ファッションふんわりぼかしてデカ目盛り!濃淡グラデで1.5倍目メイク

ふんわりぼかしてデカ目盛り!濃淡グラデで1.5倍目メイク

こんにちは、美容アドバイザーの熊谷真理です。マスクを付けていても露わになる部分…それは”目元”。クリっと大きな目元を作るにはとにかくぼかしが大切なんです!今回はご自身の目元を1.5倍大きく見せるコツと、持っておくと超使えるメイクブラシをご紹介します。

まずはNGメイクを見てみましょう!

目を大きく見せたいと思うあまり、アイシャドウやマスカラをボテッと塗すぎてしまうという人、多いのではないでしょうか。

私自身、若かりし頃はとにかく締め色を濃く塗ってデカ目に見せようとしていましたが、今思うとかなり野暮ったく、抜け感のない残念アイメイクだったなぁ・・・と振り返ります。
【NGアイメイクチェックリスト】
☐アイシャドウを塗ったところと塗っていないところがくっきりしている(ぼかし不足)
☐アイライナーが悪目立ちしている
☐まつ毛がキレイにセパレートされていない

OKメイクはこちら♪

NGメイクと比べると、OKメイクはアイシャドウがキレイにブレンディングされていて自然と目が大きく見えるのではないでしょうか。

アイメイクに限らず、チーク、ハイライト、シェーディングなど、メイクを美しく見せる最大のポイントは「念入りなぼかし」になります。ぼかしが不十分だと、目幅が制限されて目が小さく見えてしまったり、メイク下手な印象を与えてしまったり、アイシャドウが二重幅の溝に溜まって崩れやすくなったりと、せっかくの努力が台無しに・・・!

早速メイクをしてみましょう!

今回は<セザンヌ>のニュアンスオンアイシャドウの03を使ってメイクしていきたいと思います!

粉質がとってもシルキーで軽めなのでブレンディングしやすく簡単に美グラデが作れるイチオシアイシャドウです♡
①ハイライトカラーは実際の目よりも広く入れる
目を大きく見せたいときにぜひ意識してほしいのが、ハイライトカラーを塗る範囲。
目のキワから眼球の真上にある骨をまで塗り広げていきます。

このハイライトカラーの幅が広すぎたり、狭すぎたりするとたちまちバランスの悪いアイメイクになってしまうので注意が必要です。

②次にミディアムカラーを入れる
二重幅をほんのすこしオーバーするように目のキワから塗っていきましょう。

③シェードカラーで締める
締め色と呼ばれる濃いお色味は、目のキワが一番濃くなるように入れ上に向かってぼかしていきます。

④下瞼はミディアムカラーで涙袋を強調
下瞼はミディアムカラーを全体的に塗って、涙袋を強調させてみてください。

グラデの出来がイマイチなときは
“ブレンディングブラシ”で仕上げ!

アイシャドウを塗り終えた段階で、グラデがイマイチだなぁ・・・というときはブレンディングブラシの出番。ブレンディングブラシはその名の通り、アイシャドウをよく馴染ませる際に使用するブラシです。

毛先が長く、毛と毛の間に隙間があるため、筆に何もついていない状態で色の境目をブレンディングすると色ムラがキレイに馴染み、驚くほど美しいグラデーションが作れるんです♡

ブレンディングブラシはいろいろなブランドから発売されていますが、個人的には<MORPHE>や<SIXPLUS>のアイテムがお気に入り♪

ぜひみなさんも美しいグラデをマスターし、ナチュラルなのに目を惹くデカ目メイクを楽しんでみてくださいね!

関連記事:熊谷真理さんのメイク記事を読む

熊谷真理
美容ライター・美容系インスタグラマー
NY近郊在住コスメコンシェルジュ。3歳女の子ママ。NY州認定エステティシャン資格取得。Christine Valmyメイクアップアーティスト課程修了。Instagram(@mari_loves_beauty)のフォロワーは5万人を超え、取り入れやすいメイクテクニックが人気。Mari Kumagai - YouTubeも 配信中。